ファンダ分析 PER (株価収益率)とは? ~ その株価、割高ですか? ~

株式投資の中で良く目にするのが、「成長が期待できる会社だと思って株を買ったら、ちゃんと成長はしているのに、なぜか株価が下がってしまった」です。
こうした場合によくあるのが、その株価、元々割高であった?という疑問です。

世の中には株価の分析をするのに様々な手法があります。今回は上記の割高 or 割安度を分析する上で良く使われる「PER(株価収益率)」について説明をしたいと思います。

目次

PER(株価収益率)とは?

PER = Price Earning Ratioの省略形です。日本語で言うと株価収益率です。細かく言うと「会社が稼ぐ利益から見て、株価が割高か割安かを測る指標」であり、覚えるべきは、「PERは割安か割高かを示す」です。計算式としては以下の形で算出されます。

PER (株価収益率) = 株式時価総額 ÷ 純利益
非常にシンプルな計算式です。

例えば企業Aの財務諸表が以下の通りであったとします。
– 売上高   :100億円
– 営業利益  : 30億円
– 経常利益  : 20億円
– 純利益   : 10億円
– 株式時価総額:120億円
=> この場合、PER = 株式時価総額 ÷ 純利益 = 120億円 ÷ 10億円 = 12
※株式時価総額 = 株価×発行済株式数 (発行株式数が変更無い場合、株価で応じて変更)

この数値をもとに割安か、割高かを判断していきます。
例えば、企業Aの純利益が10億円場合でも、株価次第ではPERは以下の通りに変動します。つまり同じ利益を稼いでいても、株価次第ではこのPERは大きく変動するのです。以下の場合、A’はAに比べて純利益が同じであるにもかかわらず、株価が半分ということを示しています。つまりPERは低ければ低いほど割安として判断されます。

但し、利益成長が高い会社であれば、将来的に企業成長・利益拡大が見込まれるため、株式が買われ、PERが高くなる傾向があります。

PERの割安・割高の指標

PERの数値ですが、実は業種別で平均値が大きく異なります。以下は日本取引所グループが毎月発行しているセグメント別のPERで、2021年11月時点です。見ての通り、業種別で大きく異なっています。例えば、銀行業は低金利化の煽りを受けて、稼ぐ力が弱まって他の業種とぐらべて低めのPERとなっています。一方でコロナの影響を受けて世界的な輸送混乱を受けて輸送用機器は大きく変われ、2020年5月の13.4 → 2021年11月の56.9で非常に割高感を示しています。稼ぐ力以上に、株価が買われていることを示しています。

参照元:https://www.jpx.co.jp/markets/statistics-equities/misc/04.html

なので①業種別、或いは②過去と比較して買われすぎでないか、というこの2つの視点からPERを見る必要が有ります。

その他 注意すべき事項

ではここで質問に上がるのが「PERが低ければ、何を購入しても良いのか」です。

答えはNoです

ここで低PER投資で、気を付けておくべき点を幾つか記載します。

①特別利益で一時的にPERが低くなっている会社 (≒ 一時的に利益が増えている会社)
例えば経常利益よりも、純利益が多い会社などです。通常は純利益 < 経常利益になるので、純利益 > 経常利益となっている会社は要注意です。例えば、土地売却益や年金の代行返上益等で一時的に利益が膨らんでいるようなケースです。通常の業績とは関係ないので、来期以降に利益が下がる可能性が有るからです。

②経常利益率/純利益率が1%以下の会社

株価云々以前に、利益が不安定 / 景気悪化の場面で簡単に赤字になってしまう可能性有り。株価の割高・割安云々以前に業績が危ない会社に投資をするのは避けた方がベターかもしれません。

③自己資本比率が10%以下の会社
銀行・金融業は例外ですが、これらの業種を除けば基本的には避けるべきです。理由は上記と同じで業績が危ない会社として認識したほうが良いです。

では、その次に質問に上がるのが「PERが高ければ、購入を避けるべきか」です。

必ずしもそうではないです。

というのも、高成長が見込まれる株はPERが高くても買いです。現在は割高でも、将来的に稼ぐ力が大きく増る可能性が有るからです。将来的に株価の上昇分と同等に株価が伸びれば、PERも横ばい状況が続きます。

後は先ほどの逆で、特別損失等でPERが高くなっている株です。これは寧ろ買いのチャンスとも捉えられ、来期のPERが低くなるようであれば、株価が買い戻される可能性がある為です。

まとめ

①PER(株価収益率)は「会社が稼ぐ利益から見て、株価が割高か割安かを測る指標」
②業種別・過去のPERから、割高 or 割安かを判断する
③PERを見る際には、特別利益・特別損失には気を付ける
④高成長が見込まれる株はPERが高くても買いの可能性有り。

以上です、見て頂き有難うございます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる