【悲報】サウジアラビアで日本食材を食べてみたい 〜 キャバクラ並みに高い日本食材。

【悲報】サウジアラビアで日本食材を食べてみたい 〜 キャバクラ並みに高い日本食材。

お疲れ様です。ポンコツです。仕事が忙しすぎて、リアルにブログを更新できておりませんでした。ちなみにお酒が死ぬほど、弱いのでキャバクラに行ったことがないポンコツです。

会社内で綺麗事を言って仕事を押し付けてくる人に碌な奴はいないので、信頼できる人・できない人の見極めは大事です。まあ”忙しい”を言い訳にしても何も始まらないので、心を鬼にして殴り書きをしていきます。今回はサウジアラビアでの食事内容について触れていきたいと思います。

サウジアラビアでの食事内容

サウジアラビアで毎日食事をどうしているんだ、とのお叱りをよく受けます。基本的に今はコンパウンドに住んでいますが、無駄に家賃交渉の際に駄々をこねて、家賃に夕食代が含まれる形で契約をしています。なので仕事であまりにも遅くならない限りは、毎晩そこで基本食べています。

 

コンパウンドについては過去の記事をご参照ください

 

食べるご飯なんですが、こんな感じです。最初は美味しいのですが、毎日食べると流石に飽きてきます。野菜も蒸し野菜か生野菜しかなく、スープもパスタもほぼ毎日同じ味付けなのです。レストラン形式で毎日食べる人を想定していないので、まあ飽きるのは仕方ないかなとは思います。

  

店員は全員がインド人の男で、毎日同じスタッフ4-5人がフロアをウロウロしています。いつ行ってもお客は私一人、よくて他に一人いるかなといった程度です。この御飯生活を2ヶ月以上続けてきましたが、

日に日に焦がれる日本食への思い。禁欲じゃないですが、ついに限界が来ました。

 

しかし!サウジアラビアの私の住んでいるエリアには、そもそも日本人が100人程度しかおらず、リアル日本人による日本食のレストランがない。なら自分で作るしかない、ということで日本食材を探す旅に出かけたのでした。

 

アジアンショップとの出会い

とは言いつつも、日本人が100人しかいない街に日本食を売っているスーパーなんてありません。ようやく見つけたのが、中国・韓国・日本の調味料や食材が売っている小さなお店です。

 

店の面構えはこんな感じです。もはや日本食の要素ゼロですが、ここに僅かながらある程度なのです。


日本食が手に入ると思い、胸をワクワクさせながら来たポンコツはなんとも言えない気持ちに。
店の外観・内観より、食材が重要だ!ということで日本食を探します。

日本のではないですが、早速に豆腐を発見。ポンコツは夜ご飯で一人で400gを食べるほど豆腐が大好きなのです。

値段を見ると、なんと約500円!!たかが大豆を原料にした豆腐が500円。高すぎます。頭の中を過るWhyのカルテット。日本では絶対に買わないレベルというか、クレームを入れるレベルですが、買ってしまいました….ちなみに僕の好きな絹ごし豆腐は、日本だと400g 75円とかで売っています。

 

次はキムチ鍋をしたくなったので、キムチの素を探します。
日本にいたときは豆乳鍋・キムチ鍋・ちゃんこ鍋、何でもござれのポンコツでした。

 

さて、問題なのですが、この桃屋のキムチの素、インターネットで調べると1本 450円が相場と出ます。ここサウジアラビアではいくらでしょうか?はい、正解は1,500円です。高すぎます。

インド人の店主の胸ぐらを掴んで、ボッタクリ撲滅運動として髪の毛全部引き抜いてやりたいところです。

 

 

 

最後はマヨネーズです。私はキャベツの千切りとブロッコリーをマヨネーズで食すのがおそらく、世界で一番好きな人間です。そんな私にとってキューピーのマヨネーズは命であり、サウジのマヨネーズはマヨネーズを冒涜していると言っても過言ではないぐらいマヨネーズレベルが低いのです。

 

無事にこちらも見つけました。マヨネーズ。正真正銘の本物のマヨネーズです。

 

こしあんとマヨネーズが双璧をなすのは、おそらくここサウジぐらいでしょう。だいたい日本のネットで調べるとこの裸天使は300-400円ぐらいが相場と出ます。もう良いですね、値段は1本 1380円です。

 

ちなみにストレスがすごい高かったので、この3つをポンコツは買ってしまいました。日本だと1,000円以下で購入できる3点が、サウジアラビアだと3,000円以上しました。

 

なにか書いて欲しい記事があれば、お願いします。一人ですることがないので、調査は可能です。