【必見】心に響く社畜名言集 〜 松下幸之助 〜

【必見】心に響く社畜名言集 〜 松下幸之助 〜

はい、ポンコツです。仕事のことでグチグチ悩んでいる同士諸君に今回お送りします。社畜ともあろうものならば、これまで沢山の壁を乗り越え、或いは壁の前で泣き崩れた経験があると思います。進めど地獄、引けど地獄と言った場面も多いか、と。そんな窮地に追いやられた際には、私は自分を奮い立たせる為に歴人の名言を心の支えにしています。

今回は其の中でも私のお気に入りである松下幸之助様の名言集の中から幾つか自分の言葉で共有したいと思います。以下は実際に愛読している松下幸之助先生の名言集です。

今回は困難に直面したときに「自信を喪失した時に自分を奮い立たせる」そんな言葉をセレクトしてみました。

松下幸之助 名言集 (困難に直面、自信を喪失したとき)

困っても困らない

松下幸之助記念館 - 株式会社タカミエンジ

世の中は広いものである。長い人生でもある。この人生の中で、人は困難、難儀、苦難、辛辣、色々と直面するものです。程度の差こそあるものの、誰にでもこの困りごとはある、自分だけではない。

そんな時に、どう考えるか、同対処するか、これにより自分の幸不幸、更には成長か衰退などの進路が決まる。「困った、どうしよう」考えれば考えるほど、心は次第に追いやられていく。せっかくのアイディアも出なくなる。簡単にこれまで対処してきたことですら、精神的余裕がなくなると、なかなか上手くいかなくなるものだ。纏めると、原因も全て他社に転嫁していると、不満が募り、心が暗くなる。更には不平不満は我が身の信頼も失墜させてしまうのだ。

「断じて行えば、鬼神でもこれを避ける」という中国の言葉がある。これは困難に直面、周囲に反対されたとしても、決意・信念を持って対応をすれば困難(=鬼神)ですら、退いてしまうという意味だ。更には困難が帰って、成長の土台となるのである、つまりは全て考え方次第である。他方で何のトラブルや苦難もない人生、我々はこの人生に生きがいを見いだせるだろうか。

つまり困っても困らないというのが一番大事である。人間の心というのは、孫悟空の如意棒と同じである。誠に伸縮自在であり、その自在な心で、困難なときにこそ、成長への一歩と考えて不屈の心で力強く歩んでいく必要がある。

仕事というものは

介護で攻めるパナソニックと松下幸之助の名言 – SEOで上位表示させるマーケティング方法

仕事というものは、言わずもがな勝負である。一刻一瞬が勝負の瞬間なのである。だが、現代社会の中で同志諸君は勝負する気迫を持って、日々の仕事を進めているだろうか。なんとなしに仕事をしていないだろうか。

まず普通の仕事ならば、ちょっとした怠りやミスがあったとて、命まで失うことはない。それでも日は暮れて、其の日の仕事は終わる。だから、つい気が緩みがちである。要は油断へと繋がるのだ。今日は昨日の繰り返し、明日は今日の繰り返しで、別段特に変わったこともなし。

しかし、これではいい知恵は浮かばないものである。創意も生まれなければ、工夫も生まれない。緊張感の無い仕事に、何の喜び・達成感が生まれるのだろうか。

平穏無事なときには、これでも日は過ごせるが、しかし、いつもそうとは限らない。我が国の情勢は、世界の動きとともに、今や刻々と変わりつつある。一刻の油断もならぬ状態に置かれていることを意識してほしい。斯様な時こそ、勇気・緊張感をもって仕事に当たらねば、それこそ真の反映、さしては個人の成長は生まれないだろう。

仕事を勝負と心得る人と心得ない人との違いが、はっきりと現れてくるときでは無かろうか。

転んでも

「七転び八起き」ということわざがある。何度失敗しても、心折れず自身を鼓舞し、何度でも立ち上がる様を示している。人生は長い、世の中も広い。当然、失敗や挫折を経験し、自身を悲観することもある。そんなときにこのことわざは有り難い。

だが、七回転んでもまた八度目に起き上がれば良い、と呑気に捉えるのであれば、これは些か愚である。一度転んで気がつなければ、七回転んでも同じこと。一度で気のつく人間になる必要がある。

其のためには「転んでもただでは起きぬ」、この心構えが寛容である。「失敗することを恐れることの愚かさ、数多く挑戦することの重要性」ではなく真剣でないことを恐れるべきである。真剣ならば、たとえ失敗しても、ただではお絹だけの十分な心構えが出来てくる。何の気なしに転ぶことの愚かさを今一度見直すべきである。「挑戦」という言葉の裏側に込められた真剣、それを同志諸君はお持ちだろうか?

お互いに「転んでもただでは起きぬ」よう、今一度自分の真剣を磨き上げたいものである。

創業100年のパナソニックに受け継がれる松下幸之助の哲学|@DIME アットダイム

以上