【情報】ポンコツ駐在サラリーマンの勤務ルーティン

【情報】ポンコツ駐在サラリーマンの勤務ルーティン

はい、ポンコツです。最近は海外駐在の仕事にも慣れてきて、社畜街道まっしぐらで御座います。そこで皆さん思うのが、「社畜社畜と言いつつも実はビジネス社畜なんじゃないの?」だと思います。なので今回は、

 

ポンコツの仕事のスケジュールとは?何が私を社畜にしているのか?について説明したいと思います。

 

ということで改めて1日のルーティン (仕事の流れ)を見てみたいと思います。日本と比べて業務の内容がどのように変わったのか、またコロナ禍における海外駐在はどういったものなのか、一つ一つ見ていきたいと思います。

ある日のポンコツのスケジュール

実際のスケジュールはこんな感じです。リアルに今週の火曜日です。

06:00:第一起床 (5度寝ぐらいする)
06:30:完全起床
07:25:オフィスへ向けて出発
08:00:始業開始・メール確認 ・対応・個別の電話
09:00:電話会議 with 日本チーム
10:00:電話会議 with 中東営業拠点
10:45:電話会議 with 海外顧客
12:00:電話会議 with 日本の元上司
12:30:ご飯 (ステーキ)
13:30:移動
14:00:顧客面談
15:00:電話会議 with 海外顧客
16:00:社内会議 (新人教育)
17:00:残業タイム  〜残業フリータイム〜
21:00:帰社
23:00:自宅でご飯食べながら仕事
24:00:ドラクエタクト or Youtube (格闘技)をしながら寝る

 

色々と思うことはありますが、先ず会議が多すぎます。コレは髪の毛が薄くなっても仕方ないかなというレベルです。しかも、自分の時間はドラクエタクトか格闘技のYoutubeのみです。実際に何故、こんなことになってしまったのか、スケジュールを見ながら考えたいと思います。

所感 (スケジュール)

タイムスケジュール作成テンプレート/24時間円形(パワーポイント) | フリー素材、無料素材のDigipot

何故、これだけの会議があるのか。

全てはここに尽きる気がします。日本にいた時も社畜であり、今と比べても勤務時間はそれほど変わらないのですが、ここまで会議は無かったです。ふと考えたときに理由は3つあります。

 

①日本の業務を引き継いでいない
文字通りです。どこの会社もそうですが、海外赴任時或いは異動時は通常、後任への引き継ぎがありますが、何故か私の場合は後任がいなかったので、日本での業務を引き継ぎせずにこちらに来ました。なので、基本的には日本の業務は全て私が中東に持ってきています。つまり私は何故か今、日本の業務 + 中東での業務をしています。普通に考えると、おかしな話です。

後は日本側の仕事もこちらで管理しているため、常に色々と質問事項がこちらに飛んできます。コレはコレで組織としてどうなんだ?という思いはありますが、「ポンコツがいなくなった時に困れ」という思いでやっています。より属人的に業務を抱え込んでやろうという謎の気概があります。

 

②顧客の頭がおかしい
「顧客は神様だ」と言う人もいますが、ここ中東では我々は奴隷(言いなり)です。アラビア系の人たちに蹂躙されています。顧客予算が無くなったから支払減額、納期は変更、契約金額を勝手に変更、これらは日常茶飯事です。またこれらの変更や要求に対して「訳のわからない回答期限で回答を要求されます。」となると、どうしても社内での緊急の会議が多くなってしまいます。

  

③ルーキーたちの集まり
日本での勤務の場合は、私がやり取りする人は全員年上であり、日本語でスムーズにコミュニケーションが取れるため、ある程度阿吽の呼吸で仕事を進めることが出来ます。特に同じ人と業務を繰り返す中で一定の流れができると、1言えば10分かるという関係性が出来てきます。

一方でこちらは私も含めて、ほとんどがルーキーです、そしてルーキーもインド人やフィリピン人、アラビア人と粒ぞろいです。ポンコツも含めて組織で機能するというのには未だまだ程遠く、常に社内関係者で打ち合わせをしながら進めていくため、非常に時間を取られます。

 

  

正直、学生のときは「日本の技術力を世界に広めてやるんだ」と息巻いていましたが、実際に社会人になると技術力を世界に広めるどころか、お客さんの言いなりとなっています。そして良くも悪くも日本人は顧客からの無理難題も紳士に向き合う習慣があるため、これらで差別化出来ている可能性もゼロじゃないです、というかポンコツがお客さんでも日本人相手のビジネスは非常にやりやすいと思います。なので技術力で差別化というよりかは、奴隷精神で差別化という未知なる領域に入ってきている気がします。

 

ちなみに1日のメールの受信量というのが社畜の基準になるか分かりませんし、多いのか少ないのかも分かりませんが、だいたい1日に受信するメールの数は200通程です。英語のメールがほとんどですが、いつも同じフレーズの使い回しなので英語が全然上手くなっている気がしません。こういう感じで仕事を質ではなく、量で語りだすようになると終わりです。もう完全に社畜です。こうなってはいけないという自戒の念を込めています。

 

オマケ (調理ルーティン)

ちなみに平日の夜はこんな感じで一応、自炊したりしています。

以上